ねむれない夜のうた

こんにちは!東京 都立大学駅前校、講師の鴇崎です。 

 

本日は若いみなさんに、以下の詩をお送りしたいと思います。 

 

ねむれない夜のうた 

 

ビルや工場は不眠症である 

ねむるということを忘れ 

夜を忘れているのだ 

人は、泣き続けているビルのよこで 

あるいは、うなだれる工場のそばで 

浅薄さを備えたねむりに落ちるのだ 

その浅薄さは、不安なのだ 

この夜に笑っているのは月だけだ 

 

月を見て 

表情の見えない星たちを見て 

明日の準備をするのだ 

 

明日をみたときの 

その生命に対する眼差しが 

明日の世界を創るのである 

 

造られた世界を 

本当は誰かが壊したいのだろうか 

それとも創り直したいのだろうか 

 

ねむれない夜が明けたあとに見えるあさやけは 

世界の指針を教えてくれる