人は誰でもその生涯で15分だけは有名になれる

こんにちは!東京 都立大学駅前校、講師の名倉です。 

新しく元号令和に変わり皆さまいかがお過ごしでしょうか? 

 

さて、早速ですが、 

『人は誰でもその生涯で15分だけは有名になれる』 

という言葉はご存知でしょうか?

 

これは、20世紀後半にアメリカのポップ・アートの旗手として活躍した、 

アンディ・ウォーホルさん(1928-1987)の名言です。 

 

ウォーホルさんは、当時アメリカの拡大しつつある消費社会と大衆文化を背景に、 

さまざまな表現手法を駆使した作品で、美術界に大きな衝撃を与えた芸術家さんです。 

 

ちなみに、ウォーホルさんはこんな感じの方です。 

↓↓ 

(画像引用:Wikipedia「アンディ・ウォーホル」より) 

 

は、この 

「将来、誰でも15分は世界的な有名人になれるだろう」 

という言葉、皆さんはいったいどんなふうに解釈しますでしょうか? 

 

In the future, everybody will be famous in 15 minutes. 

英語講師らしく、原文の英語の文章でも紹介しておきます(笑)。 

 

 

…どうでしょうか? 

 

いろいろな考え方があるかとは思いますが、 

「ちょっとだけでも誰もが有名人になれる!?んなまさか!!」 

なんていう意見がほとんどじゃないかなぁと。 

 

 

でもですね、インターネットが普及してIT社会となりSNSが発展してきた現在、 

「15分でも全員が世界的な有名人になる時代が来た」んじゃいないかと思います。 

 

 

たとえば、SNSの代表格・ツイッター。 

あれは、まさに「誰でも有名人」のための象徴たるツールですよね。 

 

ぜんぜん無名の素人さんが、ひとこと呟いただけで瞬く間に有名になる… 

そんなシンデレラストーリーが可能になったのも、まさにこの時代だからこそです。 

 

 

大人や子供、性別や国籍など関係なく、どんな方にでもチャンスはあるのです! 

 

ウォーホルは、時代の流れに逆らい常識を覆し続けてきたアーティストで、だからこそ、 

【永遠の15分】を体現した時代の反逆児です。 

 

こう聞くと、〔永遠の少年ピーターパン〕みたいですが(笑)、 

誰にでも、「この世界で輝ける可能性」というのは絶対に眠っているのです! 

 

というわけで、ぜひ皆さんも、 

自分の可能性を大いに信じて【永遠の15分】を実現してくださいね〜^^