環境が良くても、悪くても、 勉強できないものはできない

こんにちは!

もう3月ですね!

せっかく進級が決まって、遊んだり、ゆっくり休んだりするチャンスが来たのに、

「たまには勉強しなさい!」なんて家ではよく言われてた、名古屋 車道校、講師の冨田です。

 

受験生にとって、「夏期講習を制するものは受験を制す」と言われています。

それはまた、6・7月になったら担当の先生から話が出てくるのですが、

そもそも、「夏期講習を制するために、春期講習を制す」ことができるかが重要です。

 

ただ、「けどさ、家で勉強できないし!!」ってなりません?

 

家ってめちゃくちゃ快適じゃないですか?

 

「ゴミがたくさんありすぎて足の踏み場もない」

とか

「スマホいじりすぎて発熱してる」

とか

「推しアニメのフィギュアがたくさんある」

とか

「ジャニーズの推しメン写真・ポスターがたくさんある」

 

とかいろいろあると思うんですよね。

 

もしくは、ぼくなんか特にそうだったのですが

「(勢い的に)30秒に一回くらい親が自分の部屋に入ってくる」

なんてこととか

「いきなりお兄さん、お姉さんが、お母さん、お父さんがブチギレてくる」

なんてこととかありません?

 

ってことなんで、家で勉強するって結構難しいことだと思うんですよね。

(少なくとも、自分の場合はそうでした)

 

そういう場合は、まず、塾で勉強できる習慣をつける、っていうのもアリだと思います。

 

自分の場合も、初めは、家で勉強できませんでしたが、まずは、塾で勉強する習慣をつけて、

図書館に行って、勉強するようになり、最終的には家でも勉強することができるようになりました。

 

こうした学習の習慣をつけるチャンスなのが「春期講習」です!

 

受験生ではない皆さんも、「まずは毎日塾に来て勉強する」といったところから始めてみてはいかがでしょうか?