「努力をすればなんとかなることわかりました」

函館ラサール高校
神谷龍汰さん
校舎名
都立大学校
合格校
桜美林大学健康福祉学群、秀明大学学校教師学部
入塾時期・期間
浪人の一年間
入塾前の偏差値
40以下

卒塾生の声

<入塾前のご自身の成績や勉強状況はいかがでしたか?>

あまり勉強していない状態でした

 

<入塾前はどんな生活を送っていましたか?>

高校を卒業できるために必死にやっていた程度でした。そのほかはずっと部活をやっていました

 

<入塾後に変わったと感じることは何ですか?>

英語が思いの外楽しいのかもしれないと思いました

 

<坪田塾で印象に残っている、教室での出来事や先生とのエピソードを教えてください>

authorizeの意味を鈴木先生が教えてくれたこと

 

<最後に、志望校に合格した喜びの声を聞かせてください。また、坪田塾の後輩へ一言メッセージをお願い致します>

努力をすればなんとかなることわかりました

保護者の声

<保護者の方から見て、お子様の入塾前の勉強姿勢や普段の生活の過ごし方はいかがでしたか?>

勉強のやり方がわからず、とにかく学校の宿題をやってる風に仕上げていました。

定期テストの勉強ですら、どうすれば良いのかわからず、混乱しているように見えました。

自分に自信がなかったように思います。

<保護者の方から見て、入塾後にお子様が勉強姿勢や普段の生活で変わったように感じることはございましたか?>

塾に通っている時は気づかなかったのですが、勉強のやり方がわかったようです。

高校時代は取れなかった英検2級を、大学入学後取得しました。

取ってみようかな、と言って勉強をはじめ、問題集と単語本を用意し、気づいたら取得していました。

自動車の普通免許を取る時、何やらコツコツ問題集を解き続けていました。

勉強のやり方なのか、自分に向いているやり方なのかわかりませんが、何か少しわかったのでしょう。

今は、コロナ禍で、思っていた大学生活とは違ってしまっていますが、自分なりに色々な事に挑戦し、失敗したり成功したりしながら頑張っています。

高校時代や浪人時代とは比べものにならないほど、明るく、面白いことを話したり、興味あることを共有しようと話してくれたりもします。

そして、以前と1番違うと思うのは、私に対して、しっかりと違うことは違うと文句を言うことです笑

<保護者の方から見て、坪田塾が良いと思う点を教えてください>

息子から塾の話を聞くことはほとんどありませんでしたが、中学レベルに立ち戻って勉強するのが恥ずかしかったらしく、4月5月は早く周りの皆と同じ参考書で学習できるようにと頑張っていました。

皆と同じ参考書で学べるようになった時は喜んでいました。

わかるところまで戻る必要性は、ずっと前から分かっていたはずですが、見栄やプライドでやれずにいたのに、坪田塾では早くみんなに追いつきたい!と必死でした。何が違うのでしょう?

私が聞きたいくらいです。

<どういった方に坪田塾への入塾をお勧めしたいか教えてください>

とにかく、本人がここに行きたいと言うことだと思います。

勉強のやり方がわからなかった息子は、坪田塾で少しコツを掴んだようです。

もっと早くに坪田塾に通わせればよかったと思うこともありますが、本人がここで学ぶと腹を決めた時でなければ、ズルズルとやらなってしまったかもしれません。

坪田塾の入塾予約は、ある日、息子が勝手にしていました。

それがよかったのだと思います。