坪田塾の勉強法・指導方法

坪田塾では、解答・解法を先生がただ教えることはしません。「何がわかっていないか(課題)」を発見し、「どうしたらわかるようになるか(解決方法)」を教えることで、生徒自身で課題を解決できるようにするのが、坪田塾の「教えない、支える指導」です。
これによって、「先生がいないとできない」、「家ではムリ」ではなく、一人で学習を進めていけるようになります。その結果、学習量も増え、成績も伸びていきます。
単なる受験を乗り切るテクニックではなく、大学生、社会人になってもいかせる本質的な課題解決能力が身につきます。

坪田塾の指導メソッド

そのために、坪田塾では以下の4つの特徴を持つ指導メソッドをもとに、個別指導を行っていきます。

Point 1

「ココに行きたい!」
と思える志望校の設定

受験において一番重要なのは、最後までやり抜くモチベーションです。だからこそ、現状の学力から「ココなら行けそう…」で志望校を設定するのではなく、「ココに行きたい!」と思える志望校を決めることが重要です。坪田塾では、将来の夢や本人の意思、課題意識と向き合い、一緒になって志望校を決めていきます。

Point 2

個々の学力に合わせた
適切な学習計画

入塾時に学力診断テストで現状を把握し、一人ひとりに最適な学習計画を組み立てます。”わかる”ところまで戻って学習を始めることで、”できる”が積み上がっていきます。より効果的に学習するを進めるために、一人ひとりの学力に応じて、厳選した複数の市販の教材を組み合わせて使用しています。

Point 3

教育心理学に基づき分類した
9タイプの“子“別アプローチ

坪田塾では、教育心理学に基づき、生徒の性格を楽天家や堅実家など全9タイプに分類しています。入塾時の性格診断テストで判定した生徒のタイプに応じた、最適なコミュニケーションを取ることで、勉強に取り組むモチベーションを高く維持することができます。なんでもかんでも褒めるといった画一的なアプローチを取ることはありません。

9つのタイプ

完璧主義者
タイプ
献身家
タイプ
達成者
タイプ
芸術家
タイプ
研究者
タイプ
堅実家
タイプ
楽天家
タイプ
統率者
タイプ
調停者
タイプ

タイプ別の有効なコミュニケーション例

楽天家タイプ

明るい未来を見せてあげるとテンションアップ。細かいことは後回し。

「1年頑張れば“単語博士“になって、みんなに『すごい!どうやってやったの?私にも教えて!』って言われまくるよ。」

堅実家タイプ

慎重で心配症。あいまいな指示は不安になる。

「このやり方で1日〇ページずつ進めば、半年でこのレベル、1年でここまで進むことができるよ。」

上記以外にも完璧主義者や芸術家などのタイプがあります。まずは生徒がどのタイプなのかを認識することから始めましょう。

Point 4

反転学習の習慣化

坪田塾では、従来の「塾で知識を教わり(インプット)、家で練習問題を解く (アウトプット)という学習サイクルを反転させることで、テストで求められるアウトプット能力を伸ばし、“自走力”を身に付けていきます。具体的には、単元ごとに行う塾でのチェックテストや先生とのディスカッションを通じて、自分が「何がわかっていて、何がわかっていないか」を明確にしたうえで、自ら調べたり考える、つまり自学自習ができるようになります。
この結果、塾にいるよりも圧倒的に長い時間を過ごす自宅での自習時間の勉強量や効率が高まり、学力を飛躍的に伸ばすことができます。

これまでの学習スタイル
坪田塾の学習スタイル(反転学習)

さらにいえば、この“自走力”は、志望校合格だけでなく、高校や大学におけるスポーツや音楽などの活動、大学における主体的な勉強・研究、社会に出た後のビジネスシーンに求められる課題解決力にも繋がる能力です。
単なる受験対策で終わらせず、一生涯にわたって役に立つ能力を身につけることこそが、坪田塾が目指す教育の在り方です。